商品一覧

ニシン(Clupea pallasi Valencienes)
ニシン目(Clupeiformes)
ニシン科(Clupeidae)
体長は通常30〜35センチで、少ないものでは50センチ超えません。鰓蓋は滑らかで、溝はないです。2〜6歳で性的に成熟します。繁殖力は10〜135,000個で、底面粘着性の卵は地面や藻の上に産みつけられます。最長で20年以上生きます。
マス(Oncorhynchus gorbuscha)
サケ目(Salmoniformes)
サケ科魚類(Salmonidae)
マスは、側面と腹が銀色で背中が黒く、細身で強く美しい魚です。鱗が細かく、尾びれに大きく濃い斑点があり、背中に小さな斑点があります。普通長さは60センチ以下、重さは2.5キロ以下とします。
マスはサハリン・クリルス流域に最も多く生息する種です。塩分濃度の高い河川を除く、ほぼすべての水域で産卵します。
サハリン産マスは日本海系と太平洋系に分けられ、それぞれ日本海と太平洋が餌場となっているのが通例です。サハリン西部、南東部、沿海州、アムール流域の河川で産卵されます。
白鮭(Onkorhynchus keta)
サケ目(Salmoniformes)
サケ科魚類(Salmonidae)
夏と秋の2季節制。夏の白鮭は体長が約60センチ、体重は約2.5キロです。生後3〜5年で性的に成熟します。8月に産卵。受胎可能期間は約3,000個です。秋の白鮭は体長が90センチ、体重4は.5キロに達します。生後4年目の思春期。受胎率は約4,000卵。産卵期には交尾の装いになります。産卵後、死亡します。卵はオレンジ色で、直径6.5〜7mmになります。幼虫は無脊椎動物を食べ、成虫は海中の魚類を食べます。
真昆布
学名: Saccharina japonica、 Laminaria japonica、Laminaria ochotensis
科:コンブ科(Laminariaceae)
別名:海藻、昆布、田島、ハイダイ
真昆布は褐色の大型海藻で、地層は幅10〜35センチ、長さ1〜13メートルのリボン状の平滑または網目状のしわのある板からなり、下部は長さ50〜100センチの円柱または角柱状の幹に変化します。層(葉状体)は強く発達した根のような成長物(リゾイド)によって石の多い地面に付着しています。薄板の縁は平らか波状です。
植物全体が粘液の通路や裂け目で覆われています。毎年ラミナは破壊され、残った幹から新しいラミナが成長します。真昆布の寿命は、気候条件によって2年(日本海)から3〜4年(北洋)と幅があります。胞子嚢(スポランジア)は7月から10月にかけて成熟します。胞子は微細な雌または雄の芽を出し、配偶子と呼ばれる生殖細胞を形成します。
昆布は日本海やオホーツク海の南部に一番多いです。
昆布は、海流のある場所に密集して生育し、海岸の一定の深さに「コンブベルト」と呼ばれる帯を形成しています。水深4〜10メートルに大規模な水中「昆布の森」が形成されることが多いです。水深35メートルの岩場にも昆布の見られる地域があります。
ヨウ素を補給するには(水中のヨウ素が不足している地域では)1日に30〜40グラム程度の生の昆布を摂取する必要があります。昆布はウ素に過敏な人には禁忌です。
エゾバイ科エゾバイかまたはブチムシ科)学名
Buccinidae は Neogastropoda 新腹足類の軟体動物門です。
エゾバイかは海洋の捕食者です。腐肉、腐敗物、二枚貝、棘皮動物、ミミズ、小魚、そして他の貝も(動きの遅いエゾバイかにとって、最も手に入りやすい餌であるわけ)食べます。驚くほど繊細な嗅覚の持ち主です。
軟体動物は獲物を捕らえるまでその匂いを追いかけます。貝の集落にとって、腹足綱エゾバイかは大敵とされており、この捕食者に対して威厳を持って反撃することができないものです。2~3時間でカタツムリの成虫が1個体食べ、10日でムール貝のコロニーを100個体以上減らします。
海産物の珍味とされています。その肉は美味しく、ボリュームがあり、しかも低カロリーです。
エゾバイかの身の100グラムに含まれる栄養価は、純粋なタンパク質が17グラム、炭水化物が3グラム、脂質はわずか0.5グラムです。総カロリー量は24カロリーです。ビタミンBを中心に、ヨウ素やフッ素が豊富に含まれています。
軟体動物は地球上で最も古い動物のひとつと言われています。カタツムリの化石は、新生代第一期から古第三紀の初めまでさかのぼることができます
見積書を要求